Top > 不妊検査のフーナーテスト

不妊検査のフーナーテスト

不妊症の原因を調べる検査にフーナーテストというものがあります。この検査は、一定期間の禁欲の後、排卵日の近くに性交して数時間~12時間以内に来院し、頸管粘液中の精子の動きなどの状態を見るものです。

頸管粘液が十分に分泌されていないと精子がスムーズに子宮の中に入っていくことができずに妊娠が成立しません。このような頸管粘液の分泌不良も不妊の原因となります。
不妊検査のフーナーテストで、多数の精子が活発に動いている様子が認められた場合には問題なしとなりますが、精子の進入が認められた場合でも頸管粘液の中で精子の運動率が悪い場合には何らかの問題があると考えられます。フーナーテストの結果が思わしくなかった場合でも、2~3回受けてみてそのうちの1回でも良い結果が出れば心配はいらないようです。

不妊検査のフーナーテストでよくない結果が出る原因として、女性の側に精子抗体がある場合があります。女性が精子抗体を持っていると、精子の動きが封じられてしまい子宮内に入っていけなかったり、入っていけても受精できなかったりする可能性があり不妊になります。不妊で治療をしている女性の数%に抗精子抗体が見つかるということから、フーナーテストの結果が毎回悪い場合には血液検査をしてみるといいでしょう。

 

 育児放棄  拉致問題  派遣の問題点  児童虐待
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
基礎体温を測る(2009年7月23日)
不妊検査のフーナーテスト(2009年7月23日)
カウフマン療法(2009年7月23日)
hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)(2009年7月23日)