Top > hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)

hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)

不妊治療のhMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)とは、卵胞期にhMG注射を打ち卵胞を成熟させ、卵胞が大きくなるとhCG注射を打つことで、卵を排卵させる治療法です。hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)は排卵障害や第2度無月経(第1度無月経よりも重症なもの)による不妊症の治療を目的とした強力な排卵誘発法です。

無月経による不妊治療の排卵誘発は、まず経口薬のクロミッドを使って行ないますが、クロミッドではうまく排卵が起こらない、何周期か治療を行なっても妊娠しない、クロミッドの副作用(頸管粘液が減る、子宮内膜が厚くならない)が出る場合には、hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)が選択されます。また、第1度無月経など比較的不妊症状が軽いといわれる多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人で、クロミッドでの治療の効果がうまく出ない人もhMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)の対象となります。

クロミッドを使う排卵誘発よりも、強い排卵誘発作用のある不妊治療法なのですが、現在hMG製剤には飲み薬はなく筋肉注射のみで、毎日もしくは1日おきに筋肉注射により治療を行なうため強い痛みを伴うことがあります。筋肉注射は肩かお尻に打ちますが、お尻に打つ方が痛みがましなようです。

 

 まぶた たるみ  高収入の短期アルバイト  アルバイト
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
基礎体温を測る(2009年7月23日)
不妊検査のフーナーテスト(2009年7月23日)
カウフマン療法(2009年7月23日)
hMG―hCG療法(ゴナドトロピン療法)(2009年7月23日)